堺市深井の美容室Infinity(インフィニティー)は、皆様の髪の毛の悩みを最大限に解決することを一番に考えている美容室です。

RSS

本日も講習!!

カテゴリ : 髪の悩みについて

今日は更に前回に引き続き、毛髪再生の実技の講習です\(^o^)/

簡単に説明致しますと、パーマやカラー等の技術はどうしても、しっかりと前処理、中間処理、後処理をしていても極力ダメージさせない様にし、保護しますが、もっと細かい目線でみて行くと、髪を傷めてしまう(怪我)技術です、その治療としてトリートメントがあるのですが、やはり、持続性に欠けてしまう、1ヶ月すると元に・・・っといった状態(>_<)

で、「美容室のトリートメントってあまり効かない気がする」とのお声も美容師を10年以上してますと何度か聞くことがありました、
しかし、するとしないとではやはり大違い(*^_^*)

怪我したり、病気などで手術した後、縫い合わせて、薬を塗ったり、飲んだり、包帯したりって当たり前の事ですよね(^O^)
髪も同じで、ダメージを負わせる施術をした後は、やはりしっかり治療して行かないとダメなんですよ(-_-;)

しっかりとした治癒を行っておけば、全然違ってきます!!




7月には新たな、髪治療の薬剤と浸透を高める物を導入し、ほんとに綺麗な髪を目指したい方、皆様の髪を綺麗に保つメニュー展開を乞うご期待下さいませ(-_-;)
2015-06-24 19:26:50

第2回毛髪再生科学講習

カテゴリ : 髪の悩みについて


本日は、営業後、前回の続きであります、毛髪再生の講習をいたしました(^O^)

毛髪再生と言いましても、髪の毛を生やす(笑
では無く、ダメージした毛をどうすれば、広がったり、パサついたり、ギシギシしたりを、綺麗な毛髪に再生していけるのか?

といった内容です、時間をかけ、どんなケア方法で、どのようなヘアケア剤を使っていくと、

1ヶ月後には、3ヶ月後に、どこまで健康な毛に生まれ変わって行くのか、6ヵ月後は更に美しく健康な毛髪にし、したいスタ

イル、カラー、パーマを続けて行く為にも、皆様に、髪の基礎知識をもっと知って頂き、新しいヘアケアだけでは無く、ヘア再生を提供していきますよ!!


簡単なまとめとして

1・髪の表面の汚れをしっかりとる!(かといって、洗浄力の強いシャンプーやコート剤の多いものは×)

2・微量の電気、磁気の作用で、毛髪の根元から栄養を積層化する(髪や体には、+や-の電気があり痛みや場所により違います)その  電気的な結合などを見極める!

3・継続的な復元を行う事!(即効性のあるトリートメント等とは別に、時間をかけて治していく必要があります)
  怪我をして、すぐに治る方法ってないですよね、即効性のバンドエイドとかみたいなものも併用しながら傷を治していきますよね(#^.^#)

4・髪は生きています(毛髪再生科学を研究しています某有名大学の教授が、多少の回復能力はあると提言しており、詳しく聞きたい方は 当店スタッフにお尋ね下さい、文章ではなかなかイメージを伝え難いので(>_<))

2015-06-20 10:26:32

髪の毛を再生させてゆく

カテゴリ : 髪の悩みについて


今日は営業終了後、トリートメントの講習をいたしました!!

ここ数年、グラデーションやダブルカラー、Hiトーンのカラー、パーマ、デジタルパーマ、縮毛矯正などなど、

毛髪に対してダメージの原因となる技術が多く、髪のタンパク質が変性してしまったり、キューティクルが剥がれ落ちてしまっていたり、
なかなか髪の状態が良くない方が多くなってしまっています。

そこにしっかり、土台を作り直し、髪を再生させる為に、トリートメントがあるのですが、それらのトリートメントは様々で、
一概に、これは髪が再生する!!と言えないものも多く存在します、

どの成分がたりないから、何を入れ込むか、なにが必要なのか、普段のお手入れに何が必要なのかを今以上にもっと理解し、

しっかりとした髪の知識を身に付け、広がり、パサつき、手触りなどが気になるお客様に、完璧なまでに髪を再生していくように、

infinityでは新たな高品質のトリートメントメニューや商品を展開していくための勉強会をしております!


ほんとに髪を綺麗にしたい方、新たなトリートメントメニューお楽しみに!!
2015-06-19 22:27:53

ホームカラーとサロンカラーの違い!

カテゴリ : 髪の悩みについて
サロンカラーとホームカラーの違い

・ホームカラーは美容師以外の方が使うのが前提で作られていますよね、
その為、ムラに見えにくい色味など、失敗が少ない色が基礎となっています。更に、混ぜやすい・塗りやすい・流しやすいという事、
ニオイも最小限に抑えられていますよね(-_-;)   (色より安全性や簡単さを重視しています)


・サロンカラー
は私たち美容師が使うのが前提ですので、美容師が提案する色の再現性など、色調の設定がしやすい基礎となっています。
その為、
色の幅が広い、数多くの色調があるのでお客様のご要望に合わせやすいのです。


中身の違いは何なのか?

色の表現重視であるサロンカラーはアンモニアが主流、簡易性を重視したホームカラーはモノエタノールアミンが使われています。

ホームカラーには仕上がりの手触りを良くするためにコンディショニング成分が含まれています←実はこれが色の表現力が落ちる原因でもあります(-_-;)

どちらもアルカリ性の薬剤なのですが、ホームカラーのアルカリ成分モノエタノールアミンはキューティクルを溶かしてしまうものが多く含まれてるらしいのです(T_T)

  こんなふうにボロっと(-_-;)なってしまいますよ!!


続いては、ホームカラーにもあります、1剤と2剤についてです

簡単に言うと、1剤は、色味  2剤は、色味をキューティクルをアルカリの力で開き、髪に浸透させるものです、
市販のカラー剤はこの、2剤が日本基準の最強レベルなんです!

これがダメージの最大原因です・・・(ダメージはサロンカラーの約5倍以上)
そしてホームカラーの1ざいに含まれる染料は、変に髪に残り、サロンカラーでのトーンUPや色味チェンジが出来なくなります(-_-;)


髪にやさしいのはサロンカラーですよ

毛先は根元より、何度もカラーをしていますよね、ストレートパーマやパーマ残っている部分があったり、黒染めをした部分があったり、ブリーチをした事があったり(-_-;)

髪全体を細かく見たとき、全ての毛が同じ状態という事はありえません!!
ホームカラーはダメージが強い毛も、健康な毛も同じ薬(最強レベル)で染めてしまうのですよ!!
そして、カラーチェンジができないなど大きなデメリットしかない!!

染めたてはトリートメント成分でサラッとした感じになりますが、1日、2日経つとギッシギシのゴワゴワ(T_T)
騙されていますよホームカラーをお使いの皆さん!!

サロンカラーの場合

サロンカラーの場合は、2剤を、その人の髪に合わせてコントロールしています!
ダメージがある場所はやさしい薬!
発色しにくい場所は、逆に強い薬!
など、お客様の、髪の履歴や状態を診断し、薬剤レベルを弱くしたり、強くしたりしています。なので、美容室だと綺麗に発色し、色も長持ちするのです、キューティクルを極限に守った調合なのです!



まとめ

安い、早い、ラク、なホームカラーはトータルバランスは良いが、ダメージ毛には絶対ダメ!
色が薄いものばかりなのに、変な赤さが残ったり!
市販に比べると、どうしてもお金の掛かるサロンカラーは色表現が豊富で、明るくも暗くも綺麗な色が表現できますし、2剤のコントロールによりダメージ部分にも対応し塗り分けることでムラも少なく仕上がります。前処理という、カラー前トリートメントも充実しているので傷みを最小限に、綺麗な色の表現が可能です。



結果、ヘアカラーは美容室でしてあげましょうね!!
2015-06-18 19:38:32

ダメージヘアを顕微鏡で見ると・・・

カテゴリ : 髪の悩みについて


今日はダメージした髪の毛はこんな状態!!っというのを皆さんにお見せいたします!

小難しそうな画像ですが、綺麗な髪を創る為、目指すため、ご自身の髪の状態と比べて下さいね(^O^)

あまり皆様が見る機会が少ないと思います、毛髪をミクロの世界で見てみると・・・・


ダメージヘアーってこんな恐ろしい状態なんですよ(-_-;)皆様の髪は大丈夫ですか?

ちなみに綺麗な髪の状態はこれ↓↓  キューティクルのが綺麗に滑らかですよね


ここから、ダメージ毛のミクロ画像です

キューティクルが
ホームカラーにより全体に亀裂が現れ脱落寸前!!  
紫外線やホームカラーキューティクルの激しいリフトアップ!!
   


ドライヤーの熱によるキューティクルの変形        スタイリング剤を放置して毛髪に繁殖した細菌(>_<)
  

切れ毛の先端はキューティクルのが無く裂けた状態!1


恐ろしいですね、痛々しいですよね、こうなる前からしっかりとしたケアを私たちはご提案していきたいと思っております\(^o^)/
ぜひお気軽にご相談下さいませ
2015-06-16 18:44:01

1 2 次へ